【やはり女子が高倍率】2022都立高校一般入試応募状況

2022都立高校一般入試応募状況高校入試
スポンサーリンク
まさお
まさお

こんにちは。まさおです。
2/8、東京都教育委員会は令和4年度東京都立高校一般入試の応募状況を公開しました。
全日制普通科ではコース、単位制を除いて男女別定員制がとられています。どの程度の倍率になりそうなのでしょうか?
今回は「都立高校一般入試応募倍率」を取り上げます。

東京都立高校一般入試応募状況

◆人気校は相変わらずの高倍率
男子の倍率トップは日比谷の2.54倍。2倍以上は11校に
女子の倍率トップは神代の2.57倍。2倍以上は17校に。
⇒男女別募集の普通科(コース・単位制以外)の全体倍率は男女とも1.46倍
◆コース・単位制の普通科は男女一括募集
⇒倍率トップは新宿の2.4倍

スポンサーリンク

都立高校応募状況

2/8、東京都教育委員会は2/4で締め切った、都立高校一般入試の応募状況を公開しました。

まさお
まさお

上記ページから各校の応募状況・応募倍率が確認可能です。
今年は全校で男女別定員制の緩和措置が取られます。男女ともに定員の9割までを取って、最後の1割は男女の別なく、成績の良いものからとるので最終倍率は女子が少し下がると思います。

2021年度の都立高校応募状況はこちらから

スポンサーリンク

都立の高倍率校はどこ?

では、今年の高倍率校を具体的に見ていきましょう!

普通科男子

単位・コース制を除いた普通科男子で2倍を超えた学校は以下の通りです。

順位学校名一般定員応募者数応募倍率
1日比谷1323352.54
2目黒992502.53
3青山1302992.30
4992262.28
5調布南992102.12
6戸山1322542.11
7深川961972.05
7豊多摩1322702.05
7井草1162382.05
10白鷗31632.03
11北園1322642.00

普通科女子

普通科女子(コース・単位制を除く)の2倍超の学校は以下の通りです。

順位学校名一般定員応募者数応募倍率
1神代1162722.57
2広尾912312.54
3井草1072652.48
4向丘1062532.39
5三田992332.35
6北園1222842.33
7922082.26
7昭和1222762.26
9青山1202692.24
10鷺宮1062352.22
11豊多摩1222652.17
12豊島1062292.16
13目黒921982.15
14石神井1062252.12
15戸山1222462.02
15上野1222472.02
17調布南921852.01

このように男女を並べてみると、倍率2倍の学校の数も男子が11校に対して女子は17校と6校も多くなっています。

女子は私立高校の募集定員が男子よりも多いために、都立高校の募集定員が男子よりも少なくなっています。これが女子の高倍率の背景です。

上記2倍以上の学校も男女の募集人員数を見れば、男子の方が多いことがわかりますよね。
男女別定員制の緩和措置で女子のボーダーが下がり少しは入りやすくなると思いますが、応募倍率と入試結果を比較してみる必要があると思います。

まさお
まさお

男子も女子の人気校の高倍率が目立ちます。ちなみに男女一括募集の倍率トップ校は新宿高校の2.4倍でした。

2/10から願書の取り下げ、再出願が行われます。最終倍率がどのように出るのか、結果が出たらまた取り上げる予定です。

コメント