教育に関する政策

教育に関する政策

【平均1万円強の値上げ】都内私立高校の初年度納付金と助成制度

東京都内の私立高校の学費に関する調査結果を都が発表しています。授業料の平均額は474,897円で前年よりも6,485円増えています。国や都の学費助成制度と合わせてお金の問題を考えてみました。
教育に関する政策

【ジェンダー平等議論】男子校・女子校は共学に移行すべきか?

2022年度の主要テーマにあがってくるであろうジェンダーフリー問題。全国にある男女別学の高校は今後どうあるべきでしょうか。くすぶる共学化の問題と合わせて整理してみました。
教育に関する政策

【謹賀新年】2022年は新しい教育の節目の年になるか

2022年がスタートしました。今年は高校の新指導要領のスタートなど、節目となる新しい内容が導入される年でもあります。注目ポイントを3つ挙げてみました。
スポンサーリンク
教育に関する政策

【2021振り返り】閲覧数の多かった教育ニュース10選

2021年閲覧数の多かった記事をまとめました。教育におけるジェンダーフリーや論理国語や文学国語といった国語教育の在り方などが注目されていたようです。
教育に関する政策

【私学の定員超過】東京の男女別定員廃止による影響を考えてみた

東京以外の全国46道府県の公立高校の願書から選別欄がなくなったとのニュースがありました。最後に残った東京も来年度から男女別募集の緩和措置を全校に展開します。その影響を考えてみました。
教育に関する政策

【公平にできる?】都立高校スピーキング導入反対を訴え記者会見

12/27、2023年度から都立高校入試に導入予定のスピーキングテストの中止を求める団体が都庁で記者会見を開きました。記者会見で指摘された問題点についてご紹介します。
教育に関する政策

【2025年共通テスト】国立大学協会が「情報」必須化方針を了承

国立大学協会は12/22の理事会で令和7年度大学入学共通テストから出題される「情報Ⅰ」の受験必須化方針案を了承しました。1月の総会で正式決定されます。詳細を解説しました。
教育に関する政策

【本当に変わる?】都立高入試スピーキングテストの導入効果

東京都は、2023年度の都立高校入試(現中2)から、スピーキングテストを導入します。ここに来てスピーキングテストに対する意見もかなり出始めているので、最近の声を取り上げてみました。導入効果に疑問を持つ声も多いようです。
教育に関する政策

【制服だけが先行?】滋賀県野洲市で中学制服を男女兼用に変更

12/12、京都新聞に滋賀県野洲市が来年度からジェンダーフリーの制服に移行するという記事が出ていました。男子もスカートを選べるのが特徴です。制服のジェンダーレス化の在り方について考えてみました。
教育に関する政策

【ただの悪問】沖縄県立中出題ミス⇒実はミスではなかったとの説明へ

12/8、沖縄県立球陽中の2019年度の出題ミスについて、沖縄県教育委員会は「ミスではなかった」との調査結果を報告しました。一度ミスといったものを撤回した稀有なケースです。その顛末をまとめました。
スポンサーリンク