受験戦略

入試全般

【どう備える?】オミクロン株の入試への影響を考える

11/30、日本でもオミクロン株の感染者が確認されました。これから入試本番を迎える受験生はどのように備えるべきか、これまでの情報をもとに考えてみました。
高校入試

【中3で差がつく!】中1・中2の理社学習で入試を有利にする方法

中1・中2時の理社学習の充実度は中3時に大きな差を生みます。中1・中2時の理社学習の重要性と学習の進め方について解説しました。
大学入試

【文Ⅰ離れ?】東大の合格最低点に見る文系の志向の変化

2021年度の東京大学文系の合格最低点は文科1類が一番低いという逆転現象が起きています。受験生の志向の変化などその背景を考えてみました。
スポンサーリンク
高校入試

【人気校はどこ?】10月実施埼玉県公立高校進路希望状況

埼玉県は中学3年生の10/1段階での進路希望調査の結果をホームページで公表しています。そのデータから次年度入試の人気校とこれからの受験校決定の流れを解説しました。
大学入試

【異例】信州大学が令和4年度個別試験は中止しないと発表

11/5、信州大学が一般選抜の募集要項を公表しました。前年度、人文学部と経法学部で2次試験中止で批判を受けましたが、令和4年度は中止をしない方針とのことです。今回の経緯について解説しました。
教育に関する政策

【北海道立高校入試】令和4年度以降の新入試と対処方法

10/29、北海道教育委員会は令和4年度から実施される新しい入試のポイントを公表しました。学校裁量問題が廃止され一本化となる今回の変更点と対応方法について解説しました。
教育に関する政策

【支援制度が大事】神奈川県が私立中高の学費概要を公表

10/26、神奈川県は令和4年度の私立中高の生徒募集と納付金の概要について公表しました。神奈川の私立中高の学費と学費補助制度について解説しました。
教育に関する政策

【出題範囲縮小】沖縄に続き三重県でも前期選抜の範囲縮小を発表

10/29、三重県教育委員会は令和4年度の三重県立高校入学者選抜の前期募集において出題範囲を縮小すると発表しました。縮小範囲とその留意点について解説しました。
高校入試

【隠れた名門】最寄会場で全国の国立高専の受験が可能に

令和4年度入試において国立高専は居住地の最寄りの受験会場から、全国の高専受験が可能になる「最寄り地等受験制度」を実施します。その内容について紹介しました。
大学入試

【自分軸が大事】受験者動向を見て「狙い目学部」に流れる危険

2021年度の大学受験は学部学科系統の受験者動向に大きな変化がありました。変化の要点と受験生がそれにどう臨むべきかを解説しました。
スポンサーリンク