受験戦略

学習方法・学習ツール

入試直前期の学習ポイント ~知識チェックのススメ~

入試直前期の学習はいろいろやるべきことが多くて焦りがちです。そんな時に基本の確認とウォームアップ的な位置づけとしての知識チェックが効果的です。ポイントを解説しました。
入試全般

出願校が決まったら必ずやっておくべきこと5選

いよいよ11月も終盤に差し掛かり、出願校の最終決定の時期になりました。出願校が決まったら、学習とは別にやっておくべきことがいくつかあります。その中でも特に重要なものを5つ、解説しました。
入試全般

入試に向けた情報管理の仕方 ~募集要項もペーパレスへ~

コロナの影響で出願書類を紙媒体で販売しない学校が増えています。受験生とその保護者はPDFの情報のみで受験手続をしなければならないケースが増えました。スマホで情報管理は可能か?留意点をまとめました。
スポンサーリンク
高校入試

合格率を高める併願校の考え方 ~第2志望の重要性~

入試本番はやり直しのできない一発勝負です。一つの計算ミスがその学校への入学チャンスを永遠に閉ざしてしまうことがあります。入試本番で実力を発揮するには第2志望をどこにするかが重要になってきます。ポイントを解説しました。
入試全般

コロナと模擬試験の受け方 ~持ち物4つと行動の留意点5つ~

10月から、これまで自宅受験がメインだった模擬試験が会場実施に切り替わっていきます。コロナ感染リスクのある中での模擬試験受験は本番に向けた経験を積む絶好の機会です。持ち物と行動の留意点をまとめました。
入試全般

コロナ下の受験生がこの時期に意識しておくべき2つのこと

今から12月までの3カ月余りの時間は受験生にとって貴重で取り返しのつかない大事な時間です。コロナ下の特殊な環境においてこの時期に意識しておくべきことを解説しました。
入試全般

【ツボを解説】自己推薦型入試で自分をどうアピールするか

9月15日から総合型選抜の出願がスタートします。今年はコロナの影響もあり、自己推薦入試を希望する人も増えているようです。自己推薦のアピールポイントの考え方についてまとめました。
高校入試

【本気モード】合格のための2学期の模擬試験との向き合い方

気が付けば入試まであと4か月あまりです。今年は新型コロナの影響で1学期の模擬試験の多くが中止となりました。定期的な模擬試験受験は入試突破に不可欠な要素です。改めて残り期間での模試に向き合うポイントを整理しました。
学習方法・学習ツール

【夏休みに考えよう】志望校合格を実現するたった一つの考え方

志望校合格に必要なのは「合格最低点を超える力」です。すべてのゴールを「合格最低点を超えること」にして、各教科の学習内容を考えることが重要です。ポイントを解説しました。
大学入試

【コロナ時代こそ必要!】総合型選抜(旧AO入試)のススメ

総合型選抜が(旧AO入試)が一般入試人比べて平均年収で66万円ほど低いという記事がプレジデントオンラインに出ていました。コロナ時代こそ、課題解決型の総合型選抜タイプの人材が必要なはず。総合型選抜の意義を改めて説明しています。
スポンサーリンク